前へ
次へ

子どもの教育における朝食の重要性

一般的に食事は三食と言われていますが、なぜ三食になったかはいろいろな説があります。
元々昼食と夕食が一般的だったのをある発明品によって朝食が勧められて朝食も一般化したとの話もあります。
その話からすると必ずしも朝食は人の生活において必要でなかったのかもしれません。
ただ健康的な生活を送る上では朝食の重要性が叫ばれることが多く、特に子供の教育においてはより重要になるとされます。
夕食を前日の夕方に取るとすると、朝食がないと昼食まで間かなりの時間エネルギーの摂取がされません。
子供は勉強のために頭を使いますが、エネルギーがないと頭が働きにくくなる可能性があります。
食事は体温を上げる役割もあり、朝食をとることで朝の活動からしっかり体温を上げることができます。
しかし取らないと体温を上げる時間が遅くなりその後の生活に影響しやすくなるようです。
夜に睡眠に影響することもあるようで、生活のリズムのためにも朝食は欠かせないと言えるかもしれません。

Page Top