前へ
次へ

学級閉鎖の時に子供をどこに預けるか

保育園に子供を預けるとき、それぞれの子供の病状によっては預けることができません。
熱が何度以上だと預けられないなどが決まっているので、その時は親が会社などを休んで子供の面倒を見ないといけないときもあります。
小学生に上ると多少子供に任せられますが、それでも色々な問題が出てきます。
小学校では冬などに良く学級閉鎖が発生します。
各クラスにおいてインフルエンザ患者などが一定数以上になったときに一定期間通常授業がなくなります。
基本的には病気の子も元気な子も自宅にいる必要があり、共働きの親だと子供を残して働きに行くかどうかを考えないといけないでしょう。
低学年となると一人で留守番は難しく、自分たちの親に預かってもらうなどしないといけないでしょう。
その他民間の保育施設の中には小学生以上を預かってくれるところがあるのでそちらを利用する方法もあります。
学童は学級閉鎖中は行けないケースがあるので確認しておくと良いでしょう。

Page Top