前へ
次へ

授業中の私語を辞めさせるにはどうするか

自分で自発的に学校に行く人などは受講中に私語などはしないでしょう。
しかし子供などは自分から学校に行くより行くように言われているからと行く子もいます。
勉強が苦手な子になると授業中に先生が話をしてもそれが理解できないので面白くなく、周りの子などに話しかけてちょっかいをかけたりするときもあります。
授業中に私語をする子供がいるときの先生の対応として、一時的な対応では無視をするか注意をするかでしょう。
他に授業を聞いている子のためには授業を予定通り進める必要があります。
しかしあまり私語がうるさかったりするとその声で授業が聞こえなくなるときもあり注意が必要になるかも知れません。
私語をしている子に静かにしなさいと注意をしてもあまり効果はありません。
授業が面白くないから授業が聞けず話をしているのが理由だからです。
長期的にはその子が授業に集中できるようもっとわかりやすく話をする等が必要で、先生自身の授業のやり方を見直すことも考えなくてはいけないでしょう。

Page Top